【幸せをつくる無敵の言葉学】

現役国語教師&ラジオパーソナリティ・松本エリハです。

けっきょく台本とかってどうしたらいいんですか問題。

「台本読むな」って言ったり。

「台本なしでどうすんねん」とか言ったり。

 

なんやねん、エリハ、どっちやねん!

って、思いますよね。

私もそう思います。

お騒がせしています。

台本って、あれですよ。

例)

エリハ:~~~~ですよ!!
誰か:☆☆☆☆ですよね~
エリハ:~~~~しました!
誰か:☆☆☆☆なんですか?

↑ ↑
とか、こういう、会話っぽいやつ。
こういうのとは限らないですよ!

 

これは、スクリプト

つまり、セリフです

そうやったんやー。

①台本

②進行表

③原稿

④段取り表

 

話すための準備にはいろんな段階があるので

こうした用語がごちゃまぜになって使われることも多いです。

 

私が

この記事で言った「台本」というのは、

上の①~④ぜんぶ、もしくはどれでも。

要するに

話すための準備全般を指します。

 

書きながら今わかったことがあります

ああ。そうか。

書きながら、わかってきました。

 

この

準備

話す

が上手くつなげられなくて、

 

「話すの苦手」

 

が生まれるのですね。

 

そうですね、こればかりは

気合や根性ではどうにもなりません。

 

落ち着いて、ひとつずつ積み上げていく必要がありますね。

台本セリフあるある

例を挙げましょう。

たとえば、イベントの司会

 

登壇者の経歴を紹介する場面で

 

「話してる」と「台本を読んでる」の違い

がはっきり出ます。

 

例えばこんな感じ。

 

~サンプルです~
ヒント:アンダーラインのある部分が、「あやしい」部分です。)

司会者「松本エリハさんの経歴

19○○年、どこどこに生まれる
○歳のときに☆☆に出会い、◎◎氏に師事
その後独立し、20○○年、オフィス★★を設立
現在「なんとかかんとかのなんちゃら」として幅広く活躍中。」

~サンプルおわり~

 

これ、分かります?

これね、

このまま読んでもだめじゃないですか?

いや、カツゼツとかトチラナイとか、そういうこと関係なしに。

 

これ、だめです(ダメ。絶対)。

 

だって、

口で話して耳で聞く言葉で

「誰々さんは、◎◎氏に師事。」

とか、言います?

 

え、言います?

「昨日私はイオンでビールを購入。」とか、
「今日の午後には雨がやむ模様。」とか。

言わないんじゃない?

 

つまりこれは、書き言葉。

文字で書いて、文字で読むための言葉です。

 

これをそのまま話す台本」に使うから、

 

慣れてない感

シロートっぽさ

自信のなさ

 

がいつまでも残るんですね。

 

あなたのしゃべりがいけてないんじゃない。

台本に使う言語の選択ミスです。

 

さっきの経歴紹介、

口で話して耳で聞く言葉に置き換えてみてください。

 

棒読みでもカミカミでも

だいぶましになります。

 

無茶振りで司会を頼まれてどうしようかなって心配してるあなた、

実は少し楽しみにしてるけど自信があるって言えないあなた、

 

間に合ってよかった。

 

書いて読むための言葉と

聞いて話すための言葉。

 

これらは別のものだと知っているだけで

ずいぶん心強いです。

 

そしてそれは、

聞いてる人には伝わります。

 

何が伝わるかというと、

「この人は聞いている私たちのために話しているな」

ということです。

 

せっかくの話す機会、

そしてせっかくのあなたの気遣いを

きちんと生かすために、

 

「話し言葉」と「書き言葉」の違い

 

今日から意識してみてくださいね^^

 

今日もまた、言葉とともに。

【幸せをつくる無敵の言葉学】松本エリハ


☆2019年12月までの限定開催☆
【「話して伝える言葉の講座」@京都・四富スクウェア】
  次回は10月26日(土)10時~12時 です!

おすすめの記事