【幸せをつくる無敵の言葉学】

現役国語教師&ラジオパーソナリティ・松本エリハです。

国語教師の自己紹介あるある

「話すの苦手なんですよね~」

言葉の講座を始めてから、

驚くくらいこのセリフを聞くことが増えました。

 

そして、こう言われると、なんか

悲しくなるんですよね。

 

だって、

 

それ、、

 

 

聞いてないやーーーーーん!

 

 

「国語を教えてます」

「言葉の講座をやってます」

と言ったときに、

 

「国語、苦手だったんですよ~」

「話すの、下手なんですよ~」

って、言われると、

 

 

なんですかね、なんか、悲しくなるんですよ。

 

自分の仕事を自己紹介したら、

 

「私はあなたのやってることをするとへたくそです」

 

と返ってくる。

 

これ、めっちゃ悲しいです(笑)

 

「他山の石」

 

でもたぶん、これ、、、

 

 

 

私もやってる。

 

たぶん、あちこちで。

 

何かの専門家を前に

「それ苦手です~」

なんなら

「その教科きらいでした~」

とか。言ってる。

 

 

うん。確かに。。。

 

言ってた!

 

たぶん単なるあいづち的な、

ほんとに何の気なしの返事なんだと思うんだけど。

 

なんなら気遣いによる謙遜のあらわれなんだけど。

 

 

そうか。

言われたほうはこんな気持ちになるんだな。

 

こういう、ちいさいことって

実は小さくないんだな。

 

 

こういうことを、自然に

身体になじんだ感じで

あらわせる人になっていきたいと、思います。

 

こうしたちいさいことの積み重ねが

やがて大きなことをかたちづくっていくのだ、と思うんです。

 

そんなことも、お話しています
↓  ↓


☆2019年12月までの限定開催☆
【「話して伝える言葉の講座」@京都・四富スクウェア】
  次回は10月26日(土)10時~12時 です!

おすすめの記事