【幸せをつくる無敵の言葉学】

現役国語教師&ラジオパーソナリティ・今週は修学旅行のため授業がお休みの松本エリハです。

 

 

今さらですが・・・

「ら抜き言葉」って、ありますよね。

 

・急には答えれない

・熱すぎて食べれない

・今はとても考えれない

 

国語的に言うと、これらはすべて×

正解か間違いかで言えば、間違いです。

 

 

でもこれ、

そもそも

何がダメなんでしょうかね?

 

言葉はかしこく進化する

たとえばこの「ら抜き言葉」

 

今のところ「間違い」とされてはいますが

数十年単位で考えると、

「間違いではない」と公式認定される時期がくる可能性もあります。

 

言葉は、生きています。

 

間違いが間違いのまま広まるには、理由があるのです。

 

「ら抜き言葉」は、とても賢い進化の形だと私は思います。

 

 

そもそも「れる」「られる」という言葉は

表す意味が多く、4つもの意味を兼ねています。

 

・自発

・尊敬

・可能

・受身

この4つです(なんか習った記憶ありませんか?笑)

 

だいたい、

ひとつの単語に4つも意味があって、前後の流れからそのうちどの意味で使われてるか推測する

って、普通に大変じゃないですか。

間違う確率も高いし。

 

間違って使ったら、意味が変わってしまうので

間違いたくはないし。

実は便利な「ら抜き」

そこで誰が考えたのか、

 

「~することができる(可能)」

 

の意味だけは間違いのないように、はっきりさせようと使われだしたのが

「ら抜き」

です。

 

「ら抜き」は先ほど挙げた4つの意味のうち

可能

だけしか表しません。

 

つまり、

ら抜き=「~することができる」

と意味がはっきりするのです。

間違える心配がない。

 

これで安心して使うことができますね!

 

・・・という、とても便利な言葉なのです。

 

ただ。

 

「新しい言葉」

「誤った言葉」

はいつの時代も紙一重なので、

今はまだ、「ら抜き」が正しい表現という認識は一般的ではありません。

 

いまの20代以下の人に孫が生まれるころには

どうなってるかは、わからないです。

 

大人の皆さんは、

そのあたりを知った上で

くだけた場面とあらたまった場面を使い分ける

というのが賢い方法かと思います。

 

「これは正しい」「これは間違い」

と丸暗記するのではなく、

成り立ちや背景を知って理解する

うっかり間違うこともなくて安心ですね!

 

以上、

たぶんこのブログで初めて書いた(笑)

言葉についてのワンポイントレッスンでした^^


☆2019年12月までの限定開催☆
【「話して伝える言葉の講座」@京都・四富スクウェア】
  次回は10月26日(土)10時~12時 です!

おすすめの記事