こんにちは!

6月22日(土)で第6回となる「話して伝える言葉の講座」

 

これまで講座に参加してくださった方が、先日

「最近、人に話すときに

ストレス感じなくなりましたわ~!!」

と話してくださったんです。

 


その方と出会ってからは2年ほどしか経っていないので、

昔(まして子どもの頃)どんな感じだったかとか

ぜんぜん知らないんですよね。

 

それで、

「人に話すことって、そんなにストレスだったんですか?」

って聞いてみたんです。そしたら・・・


・そもそも自分に自信が無い

・会話の中で言葉が出てくるのが遅い

・ていうか自分の話なんて誰も聞いてくれてない

・そしてしゃべることをあきらめる

・聞くことに徹することにした

こんなふうに、日常的に「話す」ということが

楽しくないどころか、むしろつらいことになっていたそう。

 

そして、

「それって何歳くらいのころですか?」

とたずねると、、、

 

 

 

 

5歳。

 

 

 

のころからだったんですって。

 

 

言葉って、楽しい。

 

 

 

講座でもラジオでも動画でも、

私にはこれしか伝えることはないように思います。

 

そしてこの方のように

言葉で伝えることなんか楽しくない、

どうせうまくいかない、

もうあきらめてる、

そんな方を応援するようなものでありたいと

改めて感じました。

 

ちょっと気が晴れた、

気休めくらいにはなった、

そんな小さな気持ちだけでも

しっかり届けていきたいなと思います。

 

今日もまた、言葉とともに。

応援しています!

松本エリハ

おすすめの記事