話したい、まずはそこから

【お知らせ】LINE@はじめました♪

LINE@ID【@kotobafun】からも発信中です。
『伝えたい、それは伝わる』

友だち追加

私たちってきっと

真面目なんでしょうね。

何かをやるなら、上手にやらないと。

うまくもないのに、やっちゃいけない。

どこかでそんなことを

いつも思っちゃうんでしょうね。

人の前で話す。

伝えたいことを伝える。

ただ、それだけなのに、

「上手に話さなきゃ」

「すらすら話さなきゃ」

「いいこと言わなきゃ」

「かまないようにしなきゃ」
(関係ないけど、「いい間違える」ことを「かむ」っていう言い方、いつから一般的になったんでしょう?こういう例って、ほかにもたくさんありますよね)

なきゃ、

なきゃ、

なきゃ。

話すことが上手な人はたくさんいます。

それはもう、うっとりするくらいに。

そんな人の話しっぷりは、たぶん

芸というか、芸術です。

私は、すべての人がこうした

上手な話し方

を目指す必要はない、と考えています。

私の話を聞かれたことのある方はわかると思いますが、

私、けっして

上手には話せないです(笑)。

言いたい言葉がすぐに出なくて

うーーー

とか

んーーー

とかしょっちゅう言いますし、

話してるうちに自分が楽しくなってしまって

どんどん話が脱線して、

「あれ?私、なんでこの話し始めたんだっけ?」

なんてことも、しょっちゅうあります。

でも、いいんです。

伝えたいことがあって、伝えたい相手がいる

こんなうれしいことはありません。

いろいろあって(略しすぎですね。すみません)へとへとに疲れていた時期には、

伝えたいことも

伝えたい相手も

そんなものあるわけないって思ってました。

言葉なんてただの道具

誰かに自分を良く見せるための飾り

自分を見透かされないための砦

誰からも攻撃されないための鎧

自分の身が危ういときに反撃するための武器

そんなふうに思っていたんですよね。

それがある時期から、

話したい

伝えたい

へと、少しずつ変化していきました。

「私が変化したんだから、あなたもさあどうぞ!」

と全力で訴えるほど呑気な性質でもないので、

今はちょっと、正直ピンとこない・・・

伝えたいことなんて、見当たらない・・・

という思いに対しても

「そりゃそうですよね」

と本当に思います。

何事にも、タイミングってあるものですし。

でも、もし今、

話したいな

伝えたいな

誰かに届けたいな

という思いが少しでもある人は、

上手かどうか、かまないかどうか

なんてことは、まずは気にしないで、

どんどん話して、どんどん発信してほしいって、思うんです。

人の数だけ思いがあって、

それらはすべて異なっていて

ああ、人ってこんなにもちがうものなのだなあ

という、このことだけを共通点に、

つながりって、育ち始めるんだと思うんです。

先ほど略した「いろいろあって」の話は、
機会があればまた書きます。

機会がなければそれは、特に必要ないということでしょう(笑)。

今日もまた、言葉とともに。

応援しています。

松本エリハ


【お知らせ】LINE@はじめました♪

LINE@ID【@kotobafun】からも発信中です。
『伝えたい、それは伝わる』

友だち追加
おすすめの記事