話すことは、離すこと。

【お知らせ】LINE@はじめました♪

LINE@ID【@kotobafun】からも発信中です。
『伝えたい、それは伝わる』

友だち追加

言葉っておもしろくて、

一応、辞書には「正しい」意味が載ってるんだけど、

それとは別の

「自分だけの意味」

みたいなものがそれぞれの人にあって、

「私はこの言葉を
こういうふうにとらえているなあ」

 

「自分がこの言葉を使うときには
こういう思いがあるなあ」

なんてことを感じとって、

時にはそのことについて誰かと

考えたり

話したり

書いたりする、

これはとっても楽しいこと。

誰かに何かを話すことによって、

「ああ、私ってこんなこと感じてたのか!」

なんて驚いたり、

自分が使う言葉が、

過去の経験とそれからくる定義にもとづいてる

ということを発見したり。

自分のことを、

すこし離れて眺めることができます。

つまり、

誰かに何かを「話す」ことは

私からその何かをいったん「離す」こと。

もう無理!どうしようもない!と思ってたことを

信頼できる誰かに話しただけで、

事実関係は何も変わってないのに

そのことに対する自分の受け止め方が少し変わる

こんな体験、ありませんか?

私はしょっちゅうあります(笑)。

私が、私から少し離れるために、

そして私が、私の中にある思いを放つために、

誰かに「話す」というのは

とても貴重な機会なんですね。

そして・・・

「話す」と「離す」、

どちらも「はなす」というのは

たんなる偶然なんでしょうかね。

どうなんでしょう。

おもしろいですね。

今日もまた、言葉とともに。

応援しています。

松本エリハ


【お知らせ】LINE@はじめました♪

LINE@ID【@kotobafun】からも発信中です。
『伝えたい、それは伝わる』

友だち追加
おすすめの記事