私をたいせつに扱う言葉

メリークリスマス!

いろんなクリスマスの過ごし方がありますが、

こういう節目の日には

私をたいせつに扱う

ということを、改めて思うようにしています。

私をたいせつに扱う

その方法はたくさんありますが、

簡単に、今すぐ、無料で(!)できるのは

自分に向かって『たいせつな人だよ』と語りかける言葉。

いつもがんばってるね

勇気を出して挑戦しているね

好きなことを自分に与えているね

助けてくれる人に感謝しているね

そして、

今日も生きてるね

真面目な人ほど、

これぐらいみんなやってる

もっとがんばらなきゃ

まだまだたりない

と、自分に対して厳しくなってしまうもの。

本来いちばん安らげる存在であるはずの

わたし

が、皮肉なことにいちばん厳しく自分に接してしまう

そんな人がたくさんいるように感じます。

年に一度のクリスマス

外は寒いし、年末は忙しい。

やらなきゃいけない事がたくさんある。

そんな時ほど、

よくやってるね

周りの人を大切にしているね

いるだけで、じゅうぶん貢献しているね

と、

自分自身をたいせつに扱う言葉を

投げかけてあげてください。

そうして得られた小さな安らぎが

小さな『ごきげん気分』を作り、

明日もごきげんでいる事が

誰かの励みや安心を生みます。

私たちって、

そうしてぐるぐるとつながって生きているんだと思うのです。

素敵なクリスマスを!

【2019 年スタート!】

京都・四条烏丸にて

『大人の寺子屋・言葉の講座』の定期開催を始めます。

詳細が決まりしだい、こちらでもお知らせしますね。

おすすめの記事