言葉を意識すると引き寄せ体質になれる理由

『大人の寺子屋・言葉のワークショップ』では、

言い表す言葉を替えてみる

ということをよくやります。

これは有名な例ですが、例えば

・コップに水が半分しかない

という文を

・コップに水が半分もある

と言い換える、という具合です。

コップに水が、

半分「しか」入っていないのか、それとも

半分「も」入っているのか。

言い換えたところで水の量は変わりませんし、

水の量が多い=良い

水の量が少ない=悪い

ということもありません。

この言い換え、

「しか」と「も」の部分だけを言い換えたように見えますが

実はもう一箇所、言い換えている部分があります。

文末の

「ない」

と、

「ある」

です。

日本語は文の最後で意味が決まります。

最後まで意味が決まらない、とも言えます。

コップの水は結局、

ない

のか、

ある

のかが、文の最後で決まるのです。

そして文末で得た結論(水はない/水はある)を受け取って、

私たちの内側には

気分

が生まれます。

「ないのか~。残念だなあ

「あるんだ~。嬉しいなあ

口ぐせが運や引き寄せに影響するのは、

まさにこの

気分

の積み重ねによるのです。


毎日をいい気分で過ごす。

それは、

無数に出会う日常の言葉で

いい気分を少しずつ少しずつ積み重ねていく

ということと同じ。

一つひとつは小さいですが、

なかなか頼れる味方なんですよ。

おすすめの記事