今日は平成最後の木曜日、昨日から毎日「平成最後の○曜日」が続きます。新しい時代、「話して伝える」を味方につけると楽しみが何倍にも増えそうですよ!

言いたいけど言えない、

伝えたいけど、何から言えば分からない、

何か感じてるけど、どう伝えたらいいか分からない。

 

そんな時には、ちょっとずつ。

一度に何とかしようとせずに、

ちょっとずつ。

言葉にしてみる。

言ってみる。

不安であれば、「不安だよ」と。

困っていれば、「困っている」と。

嬉しかったら、「嬉しい」と。

 

言葉にして、言ってみること。

 

伝えたいことや、感じたことは

それが何であれ、あるのだから、それを

シンプルに伝えてみる。

 

 

シンプルに伝えるためには、

何を感じ、何を伝えたくて、何を言いたいのか

それをひとつひとつ掴まえていく。

 

ひとつひとつをつかまえて、

ひとつひとつを言葉にして。

 

時間がかかるんじゃないかとか、

平凡なんじゃないかとか。

くだらないんじゃないかとか。

値打ちがないんじゃないかとか。

 

そういう感覚も悪者にせず、

「なるほど、そんなふうに感じるんだよね」

と自分で確認してあげる。

 

いつも、そこからしか始まらないのかもしれない。

初めの一歩があれば、

次の一歩が見えてくる。

初めの一歩で止まっても

さっきまで立ってた場所からは進んでる。

 

立つ場所が違えば、

見える景色も違うかも。

 

その景色がまた

新しい何かを教えてくれるかも。

 

早いか遅いか、

上手いか下手か、

かっこいいかそうでないか、

その辺りを気にするのは

もう少し後の課題かもしれません。

 

言いにくいなら、「言いにくいんだけど」

混乱してるなら、「混乱してるけど」。

 

「どう言おう」「何を言おう」

に使っていたエネルギーを、

「言ってみよう!」に使ってみる。

 

そして、ひとつでも言ってみたあとで

「挑戦したね」

と振り返ったときにはまだ、

何も変わっていないかもしれない。

 

でもそんな積み重ねが

のちのちじわじわと効いてくる、

かもしれませんよ。

おすすめの記事