着物で世界旅~弾丸台湾編


【幸せをつくる無敵の言葉学】
現役国語教師&ラジオパーソナリティ
松本エリハです。

弾丸24時間!0泊3日台北

深夜に関空を発ち、24時間以内に帰国。

 

関西弁でいうところの

 

デンして帰ってくる

 

をまさに体現した旅(移動?笑)を体験してきました!

 

午前2時半。ターミナルにはこの便に乗る人しかいません。

 

 

時差の関係もあり、

 

午前2時30分発、午前4時30分着。

 

 

ほんますぐやん・・・。

 

入国もスイスイ。町までは夜中もバスが走ってます。

 

 

 

午前7時前の台北。

 

バイクのアレンジがフリーダム。

これたぶん、1台のバイクを前と後ろに切って左右に分割してるんやと思う。

 

 

 

そして・・・

 

台北モーニング!

 

朝ごはん食べます!

どんどん焼けるうまうまパン!

朝から行列の確かな美味しさ。ジモティー率高めです。

釜にはりつけて焼くのね。

あったかいドウジャン(豆漿)はこぼれるほどの大盤振る舞い。

 

ほんま美味しい。

 

なにもかも美味しい。

 

幸せすぎる。

 

毎日でも来たい。
(でも毎日深夜便はいやだ)

 

 

お腹もふくれて歩いていると・・・

 

ドーーーン!

ああ私は台湾にいるのだなあ・・・

 

と今さら実感する時間。

 

 

どんどん歩きます。

 

「街歩き」って、

 

買い物したり・・・

 

お店に入ったり・・・

 

そんなことを指すのだと思うんだけど、私が好きなのは

 

 

歩行

 

 

わしわし歩きます。
(万歩計つけといたらよかった)

 

看板にツッコミを入れたり・・・

ていうかどんぶりやし。

 

バイクに圧倒されたり・・・

交通整理のおっちゃんがいい仕事するのよ。

 

歩いてるだけなのに、なんでこんなに楽しいんだろうか。

 

地下鉄に乗って・・・

 

朝市に来ました!

生きてるって感じがするなあ。

 

私、外国に行ってもあんまり

 

観光地っぽいところに行かないんですよね。

 

【もしも自分がここに住んでたら】

 

と妄想しながら、ひたすらうろうろ歩くのがほんとに好き。

 

予定では宜蘭(ぎらん)で自然とたわむれるツアーに行くはずだったのですが、

 

人数が足りずツアー中止となり(笑)

 

その連絡メールに台北に着いてから気付き(爆笑)、

 

さてどうしようかね~ということで・・・

 

淡水(たんすい)で海を見よう!

 

(海なのに淡水とはこれいかに・・・とは口に出しませんでしたが)

 

・・・つづく・・・


 

おすすめの記事