もう怖くない♪「人前で話す」


【幸せをつくる無敵の言葉学】
現役国語教師&ラジオパーソナリティ
松本エリハです。

どうして言っちゃうんだろう?
「あー」「うー」

 

話している内容は専門的で詳しいのに、

なぜか話が分かりにくい人の特徴として

 

話の合間に
「あー」とか「うー」とか言っちゃう

 

というものがあります。

 

 

これ、

大きく分けて2パターンあって、

 

①「えー」「あのー」のように決まった音
話の切れ目にしょっちゅう入る

 

②区切った箇所の最後の音が伸びる
[例:ただ今(あー)、ご紹介いただきました(あー)、わたくし(いー)・・・]

 

どちらも、間にはさまる音に特に意味はなく、

すべてなくしても内容は変わりません。

 

変わらないだけでなく、これらの「あー」「うー」がなくなるだけで

 

話は劇的に聞きやすくなります。

 

まずはここから。試してみて!

 

これを読んで

 

「あー、これ自分のことだわ」

 

と思い当たったあなた・・

 

素晴らしいです!

 

自分の話しグセを知っている

 

というのは、なかなかできることではないんですよね。

 

だから、

「あーこれ自分のことだわー」

と思い当たっている時点で、

 

その「あー」「うー」は
治ったも同然です!

 

 

「自分はどうだろう?わからないな・・」

 

という人は、

 

ぜひ自分自身の話している声を録音して、

聞いてみてください。
(できれば数分間以上のまとまったものがおすすめ)

 

 

そして、

「あー」「うー」をなくす(または減らす)ためにすることは、これ!

 

 

次に話す単語を、
おっかけ再生のように頭の中に用意しておく

 

A:話す言葉が頭の中に浮かぶスピード

B:それを実際に声に出すアクション

 

AとBには、適した感覚/距離感があります。

 

理想は、

 

A(話す内容)が、ほんの一瞬だけ
B(話すアクション)より早く進む

 

脳内にテロップが流れて、

それを読んでいくイメージです。

 

あるいは

話す内容が先行して脳内に聞こえて、

半拍おくれて実際の声が追いかけるイメージ。

 

このあたりは、実際に声や身体を使って試してみると

感覚がつかめます。

 

 

「あー」「うー」は

決して口下手というわけではなく、

話す内容と実際のトークとの関係で起きるものです。

 

苦手意識を少しずつなくして、

いろいろな「話す」場面を

楽しんじゃいましょう~^^


☆2019年12月までの限定開催☆
【「話して伝える言葉の講座」@京都・四富スクウェア】

  次回は11月26日(火)10時~12時 です

【幸せをつくる無敵の言葉学】
松本エリハ

おすすめの記事