話すの苦手!きらい!というあなたへ。


【幸せをつくる無敵の言葉学】
現役国語教師&ラジオパーソナリティ
松本エリハです。

 

はまる→壊す→作る

3つの動詞の前に

 

『型』

 

という単語を入れると、

 

型にはまる

型を壊す

型を作る

 

という文ができます。

 

これ、

だいたい何にでも当てはめる事ができますね。

 

守破離

 

にも通じます。

 

 

会話ではない、

 

発信

 

というフィールドにおいて

 

話す

 

という行為(会話ではない『話す』)を考えた場合、

 

日本で生まれ育った私たちのほとんどは、第1の段階である

 

型にはまる

(=守破離の【守】

型を学ぶ)

 

すら、身につける機会がほとんどありません。

 

それどころか、

 

子どもの頃や学生の頃、

小さな失敗や個性を笑われたり低く評価されたりして

 

もうこりごり!

 

という状態になっている場合さえあります。

 

さらに、何事においても

 

上手な人=高評価

そうでもない人=低評価

 

という価値観にどっぷりつかることで、

 

「人前で話すなんて、考えられない!」

 

と信じてる人、いっぱいいるんです。

私ね。

 

それを変えたい。

 

上手い下手の前に、伝えたいことは何だろう?

 

↑これなんです。

 

だって、

 

話すことは大切な自分を表現すること。

 

話すことを苦痛に感じる世の中なんて、

生きてる楽しさが何割も減っちゃいます。

 

そんなの、もったいないじゃない?

 

口下手、いいじゃないですか。

緊張する、そりゃしますよ。

 

上手いか下手かを値踏みし合うのではなく、

自分を思い切り表現する。

 

話して伝えるって、

そういうことだと思うんです。

 

【幸せをつくる無敵の言葉学】松本エリハ


☆2019年12月までの限定開催☆
【「話して伝える言葉の講座」@京都・四富スクエア】

  次回は12月10日(火)10時~12時 です

おすすめの記事