【幸せをつくる無敵の言葉学】
現役国語教師&ラジオパーソナリティ
松本エリハです。

意外と多い「滑舌(かつぜつ)」のお悩み

経験上、結論から言ってしまうと

 

「滑舌(かつぜつ)が悪い」

 

というお悩みは、

 

これまでの自分のクセに気づけば改善できることが多いです。

 

 

難しいことがあるとすれば、

 

自分の発音を客観視すること。
(「聴く」だから、「客観聴(ちょう)」?←今つくった造語です)

 

 

客観的に自分の声や発音を聞く機会

 

これ自体がとても少ないので、

「滑舌を直すのは難しい」

と思う人が多い。

 

それだけのことなんですよね。

今すぐできる滑舌改善法

 

これだけでカンペキ!

と言い切ることはできませんが、

かなりの部分を改善することができます。

 

 

それが、

 

語頭の子音を落とさない

 

表現がマニアックすぎますかね(笑)。

 

 

つまり、

 

言葉の最初の音がまずは大事

 

ということです。

 

こちらの動画で

例を挙げて説明しています。

 

もちろん

スラスラ滑らかに話すことだけが

「言葉で伝える」ことではありませんが、

 

自分のしゃべりは何だか聞き取りにくいな~

でも何をどうしたらいいのか分からないな~

 

という方には、

まず試してほしい方法です^^

 

 

今日もまた、言葉とともに。
【幸せをつくる無敵の言葉学】松本エリハ


☆2019年12月までの限定開催☆
【「話して伝える言葉の講座」@京都・四富スクウェア】

  次回は11月16日(土)10時~12時 です

おすすめの記事