話して伝える人が、寒い時期に意識しておきたいこと


【幸せをつくる無敵の言葉学】
現役国語教師&ラジオパーソナリティ
松本エリハです。

 

寒い時期こそ、深く

朝晩など、少しずつ寒く感じる時期になりましたね。

 

「話して伝える」その内容以外に

季節感なんて関係あるの?

と思われるかもしれませんが、

 

関係あるんです。
とても。

 

寒くなると・・・

 

身体がちぢこまって、声も通りにくくなります。

 

冷やさないようにする、

乾燥対策をする、

身体を温める食事を摂る・・・

 

こういった対策を、季節感を感じて楽しみながら寒い時期を過ごせたら最高だな~って思います。

 

そして、これ!

 

深呼吸。

 

思い出したときにちょっとだけ、でも大丈夫!

深呼吸、と大げさに言いましたが

要は深く、ゆっくり息をするだけの話です^^

 

すき間の時間に、ちょっとだけ。でもまったく無問題!

 

寒いと身体がじっとしようとしてしまうんですよね。

 

えい!と気合を入れて運動をするのも、もちろん良いですが

日々のすき間に、

いつでもちょこっとできる小さな運動。

 

ゆっくり息を吐いて、吸う。

 

もちろん寒い時期でなくても、一年中手軽にできる

「超」簡単エクササイズですよ^^

 

 

 


【幸せをつくる無敵の言葉学】松本エリハ


☆2019年12月までの限定開催☆
【「話して伝える言葉の講座」@京都・四富スクウェア】

  次回は11月16日(土)10時~12時 です

おすすめの記事